トマトログ

都内在住2人の子持ち。シンプルライフと見栄はりと低予算を共存させようともがいています。

シンプルライフと見栄はりと、低予算と


スポンサーリンク

シンプルライフ

見栄はり。

低予算。

 

なかなか相容れないもので、自分にとって納得のいくバランスを見つけるのは難しい。

 

1号出産直後は、「低予算」と「シンプルライフ」に傾いた時期でした。

 

どうせ一日中家の中にいるし。赤ちゃんのお世話をしていたらすぐに自分の服まで汚れるし。見栄なんて張っていても意味がない。

それに、我が家の怪獣1号は、それはそれは手がかかる赤ちゃんで。

新生児訪問のとき、「統計的に、数十人に一人、こんなふうに手がかかる子がいるんです。うちの子もそうでした。お母さん、頑張って!」という、絶望的な応援の言葉を頂戴したのは良い思い出。とにかく、自分のことなんて構っていられなかった。

 

そんなときに光を見たのが、「シンプルライフ」という方向性です。

  • 服は、その時期に着る3着を制服のように順番に着れば良い
  • 余計なものは持たない、今使わないものは処分する
  • 〇〇用洗剤、のようなものは極力使わず、消耗品は必要最低限な定番品のみにする
  • 「宇津木式」のスキンケアもどき=洗顔、化粧水、乳液など使わない(!)

こんなかんじで過ごしていました。

で、なかなかすっきりしていて快適だったものの、1号が1歳を過ぎ、公園や児童館に通うようになり、と世の中に再び繋がっていく中で、疼きはじめたのが「見栄はり」な心。

ちっぽけな人間ですので、できれば綺麗でおしゃれなママって思われたい、って思うんです。

 

でも、周りを見回せば、セレブなママがゴロゴロいる。

児童館で、あ、ティファニーお揃い☆いいなぁゴールド似合って☆みたいな会話が聞かれたりするんですよ。正攻法では勝てない。そんなお金ないもん。

それに、賃貸の我が家は広くはない。クローゼットも限られているし、何より物が多い生活は苦手だし、「シンプルライフ」は捨てられない。

 

という訳で、日々、シンプルライフと見栄はり心を、低予算で満足させたい、という試みを続けています。