トマトログ

都内在住2人の子持ち。シンプルライフと見栄はりと低予算を共存させようともがいています。

「こだわっているママ風」を装って節約しているもの


スポンサーリンク

子育てをしていると、ものすごいスピートでお金が消えていきます。

いらないものは買いたくない。

でも、自分のおしゃれには時々ドカンとお金をかけたい。

でも、自分のものにばっかりお金をかけているおバカなママとは思われたくない。

…。

 

という訳で。

普段の生活の中でちょこちょこケチっているのですが、見栄っぱりなもので、ただケチっているとは思われたくない。なので私は、「こだわっている風」を目指しています。バレてる気もするけど(残念)。

 

例えば。

市販のおかしは基本的に食べさせない。ヨーグルトにジャムをのせるとか、蒸したさつまいもとか、玄米フレークでもいい。とにかく、パックに入ったいわゆる「お菓子」は家にいるときには渡さない。いや実際に、添加物とか糖分とか気にしてもいるんですけどね。でも実際は、正直節約のためっていう側面が強い。もちろん、お友達と一緒だったり、外出先では周りに合わせることが多いです。

次に。

おもちゃは最小限にする。特に、プラスチック製のもの、キャラクターものは買わない。長く使える(素材的にも遊びの広がり的にも)おもちゃを厳選して買う。

それとか。

家庭菜園に励む。子供と一緒に種を植え毎日水をやり、そして収穫することで、食べ物に対する感謝の気持ちを〜、みたいなのもちょっとはあるけれど、何より食べたくて作ってます。マンションのベランダだから虫もほとんど来ないし、ほんとプランターに土入れて種か苗を植えて水をやってれば、気がつけば育ってる。完全無農薬。プチトマト、ベビーリーフ、ミント、バジル、大葉、勝手に育ってくれてたくさん収穫できるものはたくさんあります。

手作りできるものは手作りする。クッキー焼いてみたり、ピクルス漬けてみたり。子供服を作ってみたり(輸入物の生地を使ってみたりするもの自己満ポイント)。サイズの合わない子供服の裾上げしたりウエスト詰めたり、やってみると意外と簡単。ほとんど着てない服の生地を再利用したり。

 

書いてて思いました。「〇〇してて偉いねー」って言われたら、「節約節約!」って私答えてるなって。「こだわっているママ」装えてないじゃん。まぁよし、背に腹は変えられない。

 

塵も積もれば山となる。何より、ちょこちょこ手を動かしていることで、なんとなくSNSを眺めてなんとなくネットショッピングをする、なんて無駄遣いが減るのが一番の節約になっている気もします…。