トマトログ

都内在住2人の子持ち。シンプルライフと見栄はりと低予算を共存させようともがいています。

デパコス→プチプラ第一弾「眉マスカラ」


スポンサーリンク

デパコスが好き、というより、「技術のなさゆえプチプラは使いこなせない」となんとなくデパコス比率が高いポーチを使っていましたが。

部分的に、徐々に、プチプラコスメに移行していこうしています。

プチプラに切り替えるもの。それは何を隠そう、

  1. 効果や使い勝手が大きくは変わらないもの
  2. 主に家で使い、ポーチに入れて持ち歩かないもの

はい、見栄っ張りです。外で使う可能性のあるものは、やっぱりコソコソせず胸を張って出せるものの方が…ごにょごにょごにょ(小物感)。

 

で、第一弾。眉マスカラです。

残念ながら全体的に毛がしっかりしているので、何もしないとゴルゴみたいになる。中学生の頃から、怖くてどこまでいけるのかは確かめてないけど。とにかく、眉マスカラは必須です。朝時間がなくて一箇所しかメイクできないとしたら、眉マスカラをパパッと塗ります。それだけゴルゴ気質。

シュウウエムラのアイブローマニュキュア(使い勝手もナチュラルな色味も◎)を、ケイトのアイブローカラーに。

 

f:id:aoikame:20170629101220j:plain

 

この2つを比較してみます。

 

f:id:aoikame:20170725114429j:plain

上がシュウウエムラ。ブラシは小さめ、毛が長くて細かい側と短くて太い毛束にまとまっている側があり、調整がしやすいのが特長的。

下のケイトは大きくて傾斜になったブラシです。小回りが利くのはやっぱりシュウウエムラです。

 

f:id:aoikame:20170725114656j:plain

カラーの違い。

どちらも濃い髪色に合うとされている色を選んでいて、シュウウエムラhoney glazeという色。少しグレーがかっているというか、アッシュっぽいというか。上品で色浮きしない、裏を返せば当然うっすらとした色変化なので自眉から大きな差は出にくい、といったカラー。

下のケイトはBR-1のナチュラルブラウンで、明らかに眉は明るくなる、けれどわざとらしさのない使い易いブラウンです。

黒髪ならやっぱりシュウウエムラが似合うけれど、ケイトのナチュラルブラウンもきちっと染まっていいかんじです。

どちらも、何度も重ね付けしたりしなければ、ダマにもならず使い易いし、色落ちしたりもしないです。

 

というわけで、ブラシの形とか、色とか、まぁ確かにシュウウエムラのはすごく良かったけれど、でもケイトでも十分です。

下地並みに消費するので、当分はこれで決まりかな。

 

他の「人に見られないコスメ」も、プチプラにチェンジしていきたいです。