トマトログ

都内在住2人の子持ち。シンプルライフと見栄はりと低予算を共存させようともがいています。

ウェーブタイプでも甘々は無理な私のポイント②服の色編


スポンサーリンク

甘くてフェミニンなスタイルが似合うとされている、ウェーブタイプ。

でも、キャラにも顔にも似合わない場合、どうすればいいのよ!?ともがいているトマトがお送りしています。

 

tomatolog.hatenablog.jp

 今回は、服の色編。

ずばり、甘くない色をできるだけ選ぶ、です。

例えば、フリル。フリルのトップス、ピンクだと砂糖菓子みたいなテンションですが、グレーを選べば程よい印象。

フレアスカートも、カーキ(かつできれば落ち感のないハリのあるもの)を選べば、かっこいい。

色の持つ力は偉大です。

あと、全身白と黒で揃えると、新しいアイテムだって取り入れやすいし、モードっぽくなるし、「なんとなく選んだ感」が出ないもの。

 

あと、骨格診断するくらいだと、パーソナルカラーも分かっていることが多いですよね。そしたらパーソナルカラー、というか得意な色を活かして、ちょっとウェーブ的には似合わない服も色で似合う側に引き寄せる、という手もあります。

 

ちなみに私、ウィンター要素のあるサマーでして、ベージュ系が涙が出そうなくらい似合いません。つまり、パーソナルカラー的にも骨格診断的にも、ベーシックなトレンチコートが似合わない…。

自分でも着れるものを探して、早5年。次の春までには出会いたいものです。

あぁ悩ましきウェーブ体型。